テーマ:映画

アニメーション映画『アーロと少年(吹き替え版)』を、見ました。

【恐竜が農業・酪農】  去る2018年8月中旬、アニメーション映画『アーロと少年』を、見ました(テレビ放映)。  主人公のアーロは恐竜で、家族でトウモロコシを栽培して暮らしています。ある日、収穫したトウモロコシを備蓄している倉庫が荒らされて、そこで盗み食いをしている人間の少年を見つけます、、、。というストーリーです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『クボ 二本の弦の秘密』、見てきました。

【日本へのラブレター】  去る2017年12月2日(土)、映画『クボ 二本の弦の秘密(吹き替え版)』を見てきました。  まず人形を少しずつ動かして撮影していくという、ストップモーションアニメの技法に興味を持ちました。  そして、主人公クボのかわいさに惹かれて、見に行くことにしました。夫には「この顔、かわいいかな?」と疑問を…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

映画『メットガラ ドレスをまとった美術館』を、見てきました。

【ファッションとアートのパワー】 (画像2点とも、映画.comより)  2017年4月19日(水)、サービスデーだったので、映画『メットガラ ドレスをまとった美術館』を、見てきました(ヒューマントラストシネマ有楽町にて、12:10上映回)。  上映約2時間前にWEB予約した時は、半分くらい席が空いてましたが、シアタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『ペリ』を見ました。

【森の親子たち】  今日(2016年10月)、映画『ペリ』を見ました。  かなり前にテレビ放映をされたのを、録画したのを見ました。見て初めて、撮り間違えていたのに気がつきました。ははは。本当は、『ペレ(ビレ・アウグスト監督/1988年カンヌ映画祭パルムドール受賞作品)』を撮りたかったのですが。  さてさて映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『王妃マルゴ』を見ました。

【豪華な風俗と愛憎劇】  去る2015年11月、テレビ録画しておいた、映画『王妃マルゴ』を見ました。  イザベル・アジャーニ、ダニエル・オートゥイユなどの豪華キャストが出演しているので、興味を持ちました。  王女マルゴ(マルグリット・ド・ヴァロワ、フランス王シャルル9世の妹)は、カトリックとプロテスタントの和解のため、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『アジョシ』を見ました。

 【やるなら徹底的に】    去る2015年11月、テレビ録画しておいた、映画『アジョシ』を見ました。  2010年度韓国映画興行収入1位を記録した映画だそうで、興味を持ちました。  貧民街で質屋をしている無口な謎の男(「アジョシ」と呼ばれています。韓国語で「おじさん」の意)は、同じビルに住む女の子(小学生)とだけは親交…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ダム・キーパー』上映会に行ってきました。

【光と心が呼応するアニメーション】  去る2015年10月18日(日)、短編アニメーション作品の『ダム・キーパー(日本語字幕版)』上映会に行ってきました。この映画は、今年2月アメリカ・アカデミー賞にノミネートされた作品で、スタジオ「トンコハウス(提大介さん、ロバート・コンドウさん)制作です。  たまたま前日に、私は録…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『カラマーゾフの兄弟』を見ました。

 更新が遅くなり、申し訳ありません。しつこい風邪に悩まされていました。  先日、映画『カラマーゾフの兄弟』を見ました。1969年(ソビエト連邦時代)の映画で、3部作となっています。  見ていて、「何もそこまで深刻に悩まなくても」と登場人物たちの肩をたたきたくなる映画でした。この時代の演技が、現代に比べて大仰に見えるからか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』見に行きました。

 去る2013年9月8日(日)、夫と一緒に映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』見に行きました。  『スター・トレック』の最初のテレビドラマシリーズ、『宇宙大作戦(いわゆるTOS)』の新キャストによる映画の第二弾です。惑星連邦宇宙艦隊のカーク船長と、耳がとんがってるスポック副長(バルカン人)等、宇宙船U.S.S.エ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

映画『日の名残り』を見ました。

 映画『日の名残り』を見ました。英国在住の作家カズオ・イシグロさんの原作小説を、英国の巨匠ジェームズ・アイヴォリー監督が映画化した作品です。公開当時から気になっていた作品で、「主人公にもう少し近い年齢になってから見よう」と思っていました。  1958年。オックスフォードのダーリントン・ホールは、前の持ち主ダーリントン卿が亡くなり、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画『MONGOL モンゴル』を見ました。

 映画『MONGOL モンゴル』を見ました。予告編を見た時から、楽しみにしていた映画です。  モンゴルの一部族の頭領である父に連れられ、9歳の少年テムジン(後のチンギス・ハーン)は敵対するメルキト部族の村へ向かいます。メルキト部族から花嫁を選び、和平を結ぶ為(政略結婚)でした。途中で立ち寄った村で、テムジンは少女ボルテと出会います…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『天空の草原のナンサ』を見ました。

●映画『天空の草原のナンサ』を見ました。  映画『天空の草原のナンサ』を見ました。  6歳の少女ナンサは、遊牧(主に羊)をして暮らすモンゴル人家族の長女です(妹一人・弟一人、と両親)。ナンサはお手伝いの途中寄り道をして、洞穴で子犬(ツォーホル)を見つけ連れ帰ります。ですが父親は、子犬を飼うことを禁じます。懐いた子犬を捨てられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『メメント』を見ました。

 映画『メメント』を見ました。  主人公レナードは、約10分間しか自分の記憶を保てません(前向性健忘:発病以前の記憶はあるが、それ以降の記憶を覚え込む機能が弱まる症状)。妻をレイプして殺害した犯人を追うため、手がかりを体中に入れ墨し、ポラロイド写真を撮ってメモを書き込み、なんとか犯人を追いつめようとしますが、、、というストーリーで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニメーション映画『猫の恩返し』を見ました。

 アニメーション映画『猫の恩返し』を見ました。この映画は、『耳をすませば』の主人公・月島雫が書いた物語、という位置づけのスピンオフ作品だそうです。猫の男爵バロンが2作に共通して登場しています。  普通の女子高生・吉岡ハルは、車に轢かれそうになった猫を助けます。すると、その猫に人間の言葉でお礼を言われます。それから、ハルのまわり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『僕のピアノコンチェルト』を見ました。

 映画『僕のピアノコンチェルト』を見ました。  12歳の少年ヴィトスは、高い知能指数を持ち、ピアノの才能も天才的です。ですが、飛び級で進んだ高校では、教師・生徒とも馴染めません。彼の才能に期待した母や父との関係もうまくいかず、彼の気持ちを素直に受けとめてくれるのはおじいちゃんだけ。そのおじいちゃんからのアドバイスで、彼はある行動に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『大脱走(The Great Escape)』を見ました。

 スティーブ・マックイーンさんが出演された、有名な映画『大脱走(The Great Escape)』を見ました。  映画のテーマ曲や、バイクが疾走するイメージから、「カラッ」とした痛快な映画かと私は思っていました。ですが、見終わった後は、なかなか「しょっぱい」映画だな、と思いました。第二次世界大戦中、ナチスドイツ軍の捕虜収容所から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『麦の穂をゆらす風』を見ました。

 去る2011年11月23日(水・祝)、映画『麦の穂をゆらす風』を見ました(テレビ放映を録画したもの)。2006年度カンヌ映画祭パルムドールを受賞しているので、見たかった映画です。  舞台は1920年のアイルランド南部の町コークです。この町では、駐留しているイギリス軍が町の住民に、暴力を振るっていました。アイルランド独立を目指し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『母なる証明』を見ました。

 劇場公開時から見たかった映画で、最近やっと地上波で放送されたので視聴しました。ただ映画の詳細情報はほとんど忘れていて、「ウォンビンさん復帰作」としか憶えてない状態で見ました。  韓国のとある町(田舎?)で漢方薬店を営む母(キム・ヘジャさん)と、一人息子のトジュン(ウォンビンさん)。トジュンの身体は青年でしたが、心は子供のままでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『狙った恋の落とし方。』を見ました。

 中国映画『狙った恋の落とし方。』を見ました。中国語原題は『非誠勿擾(フェイチェンウーラオ)』、英題は『If You Are the One』です。舒淇(スー・チー)さんのきれいな足が見たいな~、と思ったのが視聴の動機です。この映画は、いわゆる中国の「お正月映画」だそうです(日本でも「寅さんシリーズ」などが「お正月映画」ですよね)。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画『胡同〈フートン〉のひまわり』を見ました。

 映画『胡同〈フートン〉のひまわり』を見ました。内容の詳細は知りませんでしたが、タイトルに惹かれて見ました。  1967年に北京の胡同〈フートン〉と呼ばれる下町で、シャンヤン(向陽)は生まれました。名前の由来は、庭先に咲いていたひまわりで、父親ケンニェン(庚年)が名付けました。  9歳のシャンヤンの元に、6年振りに父が帰ってきま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『恋愛睡眠のすすめ』を見ました。

 シャルロット・ゲンズブールさんの出演されてる映画だったので、見ました(彼女が出演されてる映画を、私は初めて見ました)。彼女は背の高い方ですが、見ていて「小動物のような人だな~」と思いました。  この映画は、主人公ステファン(ガエル・ガルシア・ベルナル)の夢と現実の二つの世界を描いてます。ステファンは父とメキシコに住んでいましたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『理由(JUST CAUSE)』を見ました。

 私はショーン・コネリーさんのファンなので、見ました。彼は「禿げてもカッコイイ男優さんNo.1」だと思っているので。この映画はサイコ・スリラーとのこと。以前見た『薔薇の名前(ショーン・コネリーさん主演)』がおもしろかったので、見るのを楽しみにしてました。  死刑反対論者の法学部教授ポール(ショーン・コネリー)は、フロリダからやって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『ブーリン家の姉妹』を見ました。

 ナタリー・ポートマンさんと、スカーレット・ヨハンソンさんの豪華共演の映画なので、気になっていた作品です。  16世紀のイギリスの王、ヘンリー8世の寵愛を受けるブーリン家の姉妹のお話です。ブーリン家の子供は3人いました。利発な長女アン(ナタリー・ポートマンさん)、穏やかで美しい次女メアリー(スカーレット・ヨハンソンさん)、そして明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『転々ーてんてんー』を見ました。

 三浦友和さんの役柄がとても気になって、見たかった映画です。  大学8年生の竹村文哉(オダギリジョーさん)は、借金を抱えて行き詰まってました。彼のアパートに乗り込んできた借金取りの福原(三浦友和さん)は、3日後に借金を返済しろと迫ります。次の日、当てもなく彷徨う竹村に、福原は奇妙な提案をします。それは吉祥寺から霞ヶ関まで歩く福原の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画『映画は映画だ』を見ました。

 この映画は、以前見た映画『義兄弟 SECRET REUNION』の監督チャン・フンさんのデビュー作なので、前から見たかった作品でした。  俳優のスタ(カン・ジファンさん)は、演技中リアルを求めるあまり、アクションシーンで次々と共演者を病院送りにしてしまいます。ついに相手役がいなくなったスタは、以前飲食店で出会った本物のヤクザのガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『ダスト』を見て来ました。

 去る2011年6月14日(火)に、映画『ダスト』を見て来ました。今、東京国立近代美術館フィルムセンターでは「EUフィルムデーズ2011」が開催中(東京は6月19日(日)まで。京都・広島・岡山・山口・高松でも開催)で、その上映作品の1つとして見ました。  東京国立近代美術館フィルムセンターに、私は初めて行きました。会場には、発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『エルミタージュ幻想』を見ました。

 「エルミタージュ美術館の内部で、90分ワンカットで撮影された映画」として有名な、『エルミタージュ幻想』を見ました。  監督の声(のみ)と19世紀のフランス人外交官キュスティーヌ伯爵に導かれ、エルミタージュの中を、過去や現代の時間浮遊しながら漂う、、、という映画でした。特にストーリーはありません。エルミタージュに過去や現在に居たで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『この自由な世界で』を見ました。

 前から気になっていた、ケン・ローチ監督の作品だったので、映画『この自由な世界で』を見ました。  主人公アンジー(多分イギリス人。キルストン・ウェアリングさん)は、一人息子を両親に預けて、外国人労働者に仕事斡旋する会社に勤めるシングル・マザーです。バーで上司(?同僚?)におしりを触られて腹を立てたアンジーは、次の日に会社から解雇を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『ハゲタカ』を見ました。

 NHKのテレビドラマ『ハゲタカ』を見ていたので、映画にも興味がありました。このドラマはNHKが誇る、職業ドラマシリーズの1つですね(と、私は思ってます)。  古くは『男たちの旅路(警備員)』、『ザ商社(商社マン・大阪市立東洋陶磁美術館のコレクションを蒐集した安宅産業破綻がモデル)』、最近では『外事警察(公安警察)』、『鉄の骨(ゼネコ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画『悪魔のくちづけ』を見ました。

 映画を見終わっての感想は、「う~ん、怪作?」でした。なんというか、何を監督は表現したかったのか、、、がよくわからなかったので(見ていて、退屈はしないのですが)。『悪魔のくちづけ』というタイトルですが、ホラー映画ではありません。  この映画は、主演のユアン・マクレガーさん目当てで見ました。彼はどんな映画に出演しても「穏和なオーラ」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more