『正しい恨みの晴らし方』を読みました。

【恨み、妬みは生存戦略に必要?】

 最近、コメンテーターとしてTV番組に出演されている中野信子さんに興味を持ちましたので、図書館で借りて、読んでみました。この本は、心理学者の澤田匡人さんとの共著作です。中野信子さんの著作は図書館でも大変人気で、予約でいっぱいでした。この本は、すぐ借りられる本だったので、選びました。

 恨みや妬み、嫉妬など、「この感情を持っていて、恥ずかしい。隠したい」と今まで私は思っていました。ですが、読んでみた感想としては、生物として、人間として、ある意味当たり前に持っている感情なんだな〜と思って、いちいち否定するのはやめようかな、と思いました。心に、恨みや妬み、嫉妬などを大雪のように降り積もらせなければ、なんとかなるかな、と。私の一部として、共存していこうかな、ちょっと気楽になれました。

 この本は、QアンドA方式ではないので、ただ答えだけが欲しい方には、向いていないと思います。あくまで、参考的に気軽に読むのがお勧めです。


●『正しい恨みの晴らし方』
 澤田匡人、中野信子/著
 ポプラ社(ポプラ新書)
 2015年初版

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント