映画『マーニー』を見ました。

【問題解決は、シンプルに】

 本日(2020年7月13日)、アルフレッド・ヒッチコック監督の映画『マーニー』を見ました。

 主演女優のティッピ・ヘドレンさんを、私は初めて拝見しました。アルフレッド・ヒッチコック監督の映画『鳥』の主演で有名な方だそうです(ついでに、女優メラリー・グリフィスさんのお母さんでもあります)。
 とってもおでこが広いのに、さらに前髪をアップにされているので、ついついおでこに目がいってしまいました。1960年代の女優さんらしい、上品なお顔立ちの方です。

 今まで『マーニー』という女性名のタイトルから、「おどろおどろしい映画なのかも」と思い込んでいたので、二の足を踏んでいました。以前見た『キャリー』とか、『ミザリー』という女性名タイトルの映画は、かなり恐ろしかったからです。

 ですが、この『マーニー』はそこまでおどろおどろしくはなかったので、助かりました。ジャンル的には、テレビドラマの『クリミナル・マインド』風でしょうか(あ、『クリミナル・マインド』も結構おどろおどろしいかなあ?えへへ)。犯罪者の心理に迫った内容でした。

 犯罪者心理が話題になったのは、2000年のロバート・K.レスラーさんとトム・シャットマンさんの著作『FBI心理分析官』からかな、と私は思っていましたが、1960年代でも話題になってたんだな〜、と初めて知りました。

 1960年代の、ゆったりした時間の流れる雰囲気を楽しみつつ、ハラハラも楽しめる映画となっておりました。終わり方も、う〜ん、ゆったりしてました。

 ヒッチコック監督の、スパイスの効いた演出も楽しいですよ。

 怖すぎるサイコスリラーが苦手な方にも、多分大丈夫ではないでしょうか。

 それからショーン・コネリーさんは、髪の毛がふさふさだと、クラーク・ゲーブルさんい似てらっしゃるな、と思いました。




●映画『マーニー』
 監督:アルフレッド・ヒッチコック
 原作:ウィンストン・グレアム
 出演:ティッピ・ヘドレン、ショーン・コネリー
 1964年 アメリカ





マーニー/赤い恐怖 (字幕版) - ティッピー・ヘドレン, ショーン・コネリー, ブルース・ダーン, ダイアン・ベイカー, マーティン・ガベル, アルフレッド・ヒッチコック, ウィンストン・グレアム, アルフレッド・ヒッチコック
マーニー/赤い恐怖 (字幕版) - ティッピー・ヘドレン, ショーン・コネリー, ブルース・ダーン, ダイアン・ベイカー, マーティン・ガベル, アルフレッド・ヒッチコック, ウィンストン・グレアム, アルフレッド・ヒッチコック

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント