『Taiko Matsuo_Layered』展に行ってきました。

 去る2011年5月12日(木)、銀座のPOLA MUSEUM ANNEXで開催中の『Taiko Matsuo_Layered』展に行ってきました。

 松尾たいこさんは、イラストから装丁まで手懸けられる、今売れっ子の方だそうです。

 松尾さんのお仕事を私は、NHKテレビ番組『トップランナー』でお見かけしました。その時、「文字(タイトルやコピー)が載せやすいイラストを描かれる方だな~」という印象を私は持ちました。そして「女性のイラストレーターの方の作品にしては、自己主張が少ないイラストだな」という感じを持ちました。

 そしてこの個展で作品を拝見していて、しばらくは『トップランナー』に出演されていた方だとは気付きませんでした。私が「お名前を覚えていなかった」という事もありますが、印刷されたものと原画の雰囲気が違ったからです。原画には、今まで私が女性イラストレーター作品から感じていた強い自己主張が感じられました。作品を拝見していく内に、既視感が出てきて、やっと思い出しました。「ああ、そういえばこの色の塗り方は、、、」と。

 原画イラストは、(最初からデータ制作しない限り)スキャニングと製版、印刷などの段階を経て印刷物となります。原画は工程を経ると、こんなに印象が変わるんだな~と、ちょっと驚きました。

 また松尾さんは売れっ子ですから、プロ中のプロの方です。ですが作品からは「プロ臭さ」があまり匂ってこない作品だな~、と思いました。なんというか、プロとかアマとの世界を遙か下に見て、上空をたゆたゆような浮遊感のある世界を描いておられるな~、と思いました。

 丁度私と同時間に観覧されてた女性の方は、松尾さんのファンの方なのか、取材なのか、熱心に写真撮影をされてました。ファンの方かな~?、近くにいると圧倒される熱心さで作品を見ておられました。

 私が一番好きな作品は、風景だけの作品でした。動物や人物が描かれてないほうが、見ていて色々想像できて楽しかったです。

 会場の中央に、透明フィルムに描かれた複数のイラストが、等間隔で上から吊り下げ展示されてました。この個展にちなんだ、「レイヤー」状展示と思われます。でもフィルムは若干丸まってしまうためか、私には前から見てもうまく重なって1枚のイラストに見えませんでした。う~ん。薄いアクリル版に描いて、もう少し狭い間隔で展示された物が見たかったな~、と思っちゃいました。ま、多分、私が展示意図を理解してないからでしょう。この展示が、よくわかりませんでした。

 あと少しで終わってしまうので、ファンの方はお急ぎください。





●Taiko Matsuo_Layered
日時:2011年4月22日(金)~5月29日(日)
場所:POLA MUSEUM ANNEX
開館時間:11:00~20:00(入場は閉館の30分前)
※状況により閉館時間が変更となる場合があります
会期中無休
入場無料


◎参考サイト
・POLA MUSEUM ANNEX 開催中の企画展のページ
 http://www.pola.co.jp/m-annex/exhibition/

・taikographic(松尾たいこHP)
 http://www.taikomatsuo.com/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック