へなちょこ☆セイジンのアート散歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 『夢みる家具 森谷延雄の世界 展』に行ってきました。

<<   作成日時 : 2010/10/24 19:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 私は常々、女性よりも男性の作る(デザイン)するものの方が、可愛さやロマンチック度が高い、と感じています。女性の作る物は(私も含めて)、どんなに可愛くきれいにしていても、リアルさや毒や怖さがにじみ出てしまうな〜、と思っています。今回『夢みる家具 森谷延雄の世界 展』に行ってきて、この思いは益々強くなりました。「な、な、な、なんてロマンチックな世界観!」と見ていて、ドキドキしました。



画像






 森谷延雄さんは、大正時代に活躍された家具デザイナーだそうです。関東大震災後の第11回国民美術協会展覧会に出品された「ねむり姫の寝室(グリム童話から想を得た)」などのメルヘン世界を実現した家具や、廉価で実用性を兼ね備えた家具づくり(家具製作工房「木のめ舎」)、その他研究や執筆、教育まで手懸けられた方だそうです。

 会場では、第11回国民美術協会展覧会で出品された家具の何点かが復元されて、展示してありました。また、現存する家具、家具の図面、イラストなどもありました。

 とにかくどれもが、繊細でロマンチックでした。家具を形作るアール(曲線)が、優雅さを醸し出していました。特にベットや椅子の背もたれがハート型になっているところが、「す、すごいな〜」と思いました。私だったら、どうしても中央の窪みに埃が溜まって掃除しにくくなるので、思い切って採用できない形だな、と思いました(すいません。臆病者で)。

 復元された「鳥の書斎」の肘掛け椅子には、一回座ってみたいな〜、と思いました。色彩、素材とも一番気に入った家具です。

「アールで描かれたロマンチックな家具」に囲まれたい方に、お薦めの展覧会です。繊細なデザインに溢れているので、男性の方が居心地良い会場かもしれません(私の夫はいつも「男の方が繊細なんだい!」と申しておりますので。ははは)。

(下記の画像は、DMより)



画像



画像





●『夢みる家具 森谷延雄の世界 展』
■東京展 INAXギャラリー1
 会期:2010年9月3日(金)〜11月20日(土)
 休館日:日祝日

■大阪展 INAXギャラリー大阪
 会期:2010年12月4日(土)〜2011年2月17日(木)
 休館日:水曜日、年末年始

■名古屋展 INAXギャラリー名古屋
 会期:2011年3月4日(金)〜5月19日(木)
 休館日:水曜日、5月15日(日)




◎参考サイト
・INAXギャラリー 公式サイト 「展覧会案内」のページ
 http://www.inax.co.jp/gallery/exhibition/detail/d_001659.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『夢みる家具 森谷延雄の世界 展』に行ってきました。 へなちょこ☆セイジンのアート散歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる