へなちょこ☆セイジンのアート散歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 暗がりのあかり チェコ写真の現在展』に行ってきました。

<<   作成日時 : 2010/07/10 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2010年7月8日(木)の夕方、銀座のSHISEIDO GALLERYで開催中の、『暗がりのあかり チェコ写真の現在展』に行ってきました。

 チェコの写真作家さん(10人)の作品展です。私の全体的な印象は、「スラブの文化圏に触れたな〜」です。青空が写真に写っていても、その上に、地域独特の気候や風土、文化などが薄いオブラートのように覆い被さっているような、少し重苦しいようで、でもどこか懐かしいような感じを受けました。

 10人の作家さんの作風は様々で、おもしろかったです。

 トノ・スタノさんの作品は、セクシーでスタイリッシュでした(でも、この構図、どこかで見たような?)。



画像

                   ©henacyoko_seijin



 私が一番気になったのは、テレザ・ヴルチュコヴァーさんの「Two」シリーズです。このシリーズでは、双子の女の子が写真作品に写っています。合計4点、「Two」シリーズの作品が展示してありましたが、本物の双子と、CGによって複製された双子が入り交じっているそうなんです。私は区別しようとして、何回も見てしまいました。それに、映っている少女の瞳はとても空虚な感じで、見ていて切なくなりました。


画像

                   ©henacyoko_seijin



 ディダ・ペペさんの作品、「男性とのセルフ・ポートレート」シリーズにも惹かれました(合計4点展示)。どれも、実在する様々な階層、職業、年齢層の男性と共に、そのパートナーに作者自身扮して写っている作品です。見ていると、「微笑ましい」感じと、「偽物で空虚な」感じが入り交じって、複雑な気持ちになりました。見ていて、いろいろ考えてしまう作品でした。

 見応えある展覧会だと思います。いつもの資生堂ギャラリーより、観覧者の方も多かったので。スラブ文化圏にご興味のある方に、お薦めです。



●『暗がりのあかり チェコ写真の現在展』
 日時:2010年6月19日(土)〜8月8日(日)
 場所:SHISEIDO GALLERY(東京銀座資生堂ビル地下1階)
 平日11:00〜19:00/日・祝11:00〜18:00
 毎週月曜日・7月19日(月・祝)は休館
 入場無料

◎参考サイト
・SHISEIDO GALLERY 公式サイト
 http://www.shiseido.co.jp/gallery/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
暗がりのあかり チェコ写真の現在展』に行ってきました。 へなちょこ☆セイジンのアート散歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる