へなちょこ☆セイジンのアート散歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 『「エレメント」構造デザイナー セシル・バルモントの世界』展に行ってきました。

<<   作成日時 : 2010/03/20 04:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 去る3月17日(水)に、初台の東京オペラシティアートギャラリーで開催中の『「エレメント」構造デザイナー セシル・バルモントの世界』展に行ってきました。それは、テレビ映像やチラシ写真で見た、シルバーのX型をした金属片と鎖でのみ構成された立体作品の《H_edge》を実際に見てみたかったからです。

 平日の開館時間に行ったので、会場内はすごく空いてました。展示は3部構成になっています。

 まず、「section1:隠れたリズムを探せ」では、自然の様々な画像が、垂れ幕状の布にプリントアウトされ、天井から迷路を構成するように垂れ下げられています。また、その幕には、画像の他に言葉もプリントされており、バルモントさんの視点で自然のエレメントを体験し、観覧者にそのリズムを感じてもらう意図があったようです。垂れ幕を手でかき分けて進むのは、遊び場で遊んでいるみたいで、ちょっと楽しかったです。

 そして、「section2:成長し続ける建築」では、まず透明な数枚の板に、アロエなど自然物の写真と、そこから発生するデザインが描かれていました。

 その次の部屋に、いよいよ《H_edge》がありました。ここでは、靴を脱いで鑑賞します。不思議な砦のようなH_edgeの中を歩いて、「触りたいけど触れない」という禁欲的な鑑賞と、床面に描かれたあみだくじのようなカクカク曲がる直線を足の裏に感じながら歩く気持ち良さが、えへへ、良かったです。《H_edge》をくぐった先には、《Danzer》という表面が鏡の立体パズルがあり、デコボコした面に写る自分の姿を楽しめます。壁面には、床面と同じ形状のカクカク直線が下に落ちていく映像が写っていて、自分は止まっているのに動いているような感覚を味わいました。

 最後は、「section3:建築家とのコラボレーション」で、実際に建っている建物(あるいはオブジェ)の図面、写真等が紹介されていました。

 それから、上の階では収蔵品展「わが山河 Part2」と熊谷直人さんの展示(新人作家紹介)も見ました。収蔵品展「わが山河 Part2」の大野俊明さんの風景画は、春らしい緑や花がきれいで、ちょっと「お花見気分」になりました。

 蛇足ですが、私はこの展覧会(企画展+収蔵品展+新人作家紹介)全部を30分で見てしまいました。私はいつも、観覧は早い方(多分、他の人の2〜3倍の速度で見ます)ですが、今回は特に早く見てしまいました。う〜ん、なんでかな? 多分、「section3:建築家とのコラボレーション」の展示がパネル展示ばかりだったからでしょうか。めんどくさがりなので、パネルを丹念に見ることができませんでした。この中で、「一つでも模型があったら、もっと楽しかったのにな〜」とも思いました。我が儘言ってすみません。

 展覧会の公式サイトの「Gallery」で展示写真が多数掲載されていますので、ご興味を持たれた方は、足を運んでみてください。

あと、隣にあるギャラリーショップ「ギャラリー5」には、《H_edge》の組み立て中のものがありました。お見逃しなく。


●『「エレメント」構造デザイナー セシル・バルモントの世界』展
 日時:2010年1月16日(土)〜3月22日(月・祝)
 場所:東京オペラシティアートギャラリー
 入場料:一般1200円、大・高生1000円、中・小生600円
 開館時間:11:00〜19:00(金・土は20:00まで)、最終入場は閉館の30分前まで


◎参考サイト
・東京オペラシティアートギャラリー 公式サイト
「企画展」のページ
 http://www.operacity.jp/ag/exh114/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
かなり良さげなんですけど!!
体まるごと異空間に身を投じる楽しさ!
舞台美術みたいですね!
これ関西にこないですかね〜〜。
なみ
2010/03/23 12:43
 はい、体感的には大満足の展覧会でした。《H_edge》は、72人のボランティアの方が組み立てられていたそうで、皆さんの思いが詰まっていたからでしょうか、見た目はシャープですが、あったかい感じがしました。
 確かに東京だけだともったいない展示なので、ぜひ関西でも開催されたらいい、と私も思います。
へなちょこセイジン
2010/03/24 08:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
『「エレメント」構造デザイナー セシル・バルモントの世界』展に行ってきました。 へなちょこ☆セイジンのアート散歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる